SESの送信制限を外してもbounceになる場合は送信元を疑え

要約

現象
awsに依頼を行って送信制限を解除してもらったのに
status=bounced
になっている。
postfixの設定はおかしくない。

/var/log/maillog
をみると

said: 554 Message rejected: Email address is not verified. The following identities failed the check in region US-EAST-1

原因
送信元がSESで登録したメールアドレスになっていないため

解決方法
wordpressのプラグイン「WP Mail SMTP by WPForms」を利用する
ec2内で設定が済んでいれば「無料枠」で外部に送信可能です。

愚痴
postfixの設定がおかしいのではないかと思いハマった。
メールコマンドで直接送信できることを確認し、犯人がwordpressだということに気がついた。
functions.phpでフックするやり方では、なぜかうまく行かなかった。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です