9hoursに泊まってきました

要約
・値段を考えると最高でした!関西に行く際は使います
・未来の刑務所です!(褒め言葉です)SF好きにはオススメ
・改善点があるとすれば、もっと「未来の刑務所感」を出して欲しい

もうだいぶ前のような気がしますが先日、急に思い立って京都に旅行に行ってきました。
安い宿を探して「9hours」にたどり着きました。
値段は混雑具合によって変わるようです。
その日はたまたまだと思いますが税込でも2700円です!?

仕事でカプセルホテルだと翌日がツラいのですが、今回は問題有りません。
失敗しても良いくらい圧倒的に安いので予約しました。
写真の通りの異次元空間でした。
受付の方が外国人でカタコトの日本語でした。
そこも映画「ブレードランナー」みたいで良かった。

 

細かなところでいうと自販機があると良いとか
カプセル内のボタン類の説明が分かりにくいとか
カードキーをインロックしてしまうとか
色々ありますが、テーマパーク「未来の刑務所」だと思えば最高です。
場所が京都なこともあり海外の旅行者の人もたくさんいました。
実際の睡眠環境についても問題ありません。
カプセル安置所が薄暗く会話や電話ができない雰囲気になっています。
注意すると隣の人が居る気配はしますが、うるさくて眠れないということはありません。

問題点は一つだけ。
ロッカーのキーがバーコード印字されたカードなんです。
シャワー室が別の階になっているのは良いとして
財布を入れる流れで、ついロッカーにカードキーを入れてしまうのです。
そうすると刑務所ジャージ(当然浴衣ではない)のままフロントに行って再発行して貰う必要がある。
私がフロントに行って戻ったら他の人も同じことをやらかしてました。
ここだけは改善して欲しい。

いっそ手首に巻くタイプにすればSF感も増して良いのでは?
https://k-cr.jp/product/healthcare_and_lifecare/medical_healthcare/e-bres/

また夕食付きにして水とカロリーメイトを支給し、監視カメラ付きのロッカールームで
食べさせたりするとより雰囲気が増す気がします。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です