算数と私

どうもトクハラです。
プログラマとしてどうなのかと言われることを覚悟で告白します。

ずっと数学が苦手でした。
もっとはっきりいうと嫌いでした。
公文にずっと通わせてもらい、高校の恩師が数学の先生だったにもかかわらず、です。

もう少し思い出してみよう。
図形や証明は好きでした。
公文に行っていたので単純な計算は得意だったのでしょう。
なので多分、算数から数学への橋渡しで躓いたのだと思います。

最近になって子供の勉強を見てやるうちに、数の不思議に気が付きました。
良い問題が解けた時の喜びは、プログラムが動いたときの喜びと同じかそれ以上です。
数の秘密に近づいたようなドキドキ感がある。

深いところに潜った人から見ると全然浅いでしょうけどそれはそれ。
いいじゃん面白がってるんだから!
算数は神様がくれた極上のパズルなのに、なんであんなにつまらなく思ったのだろう。
あれだな、点数をつけて順位をつけるからだな。

数学が得意な子供は多分その点数とか順位からすでに自由なんだと思う。
だから苦行でもなんでもなく、ただただ楽しかったのでしょう。

前置きが長くなりましたが、弊社スタッフの数学が得意な人が数の秘密に迫る記事を書いてくれるそうです。
少しでも数の不思議さ、楽しさが判る人が増えますように。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です