「40歳代未経験からプログラマになれる」説は本当か

  • 要約
 
  • 40歳代未経験からプログラマになった人は現実に存在する。ただしUMAレベル。
  • プログラミングスクールとかに頼る前に、まずは自分で動くモノを作ろう。
  • 既存の知識とプログラミングのスキルの「合わせ一本」を狙え。

「40代」「未経験」「プログラマ」で検索をかけると、ほとんどオンラインスクールの宣伝。

みんな騙されるな!詳しくは弊社の過去のエントリーを見てくれ。

まず結論。
実際に40歳代未経験からプログラマになった人を知っています。
ただ、その人はすごすぎて参考にならないかもしれない。

その人はおそらく見ているところが全く違う。
そもそもがプログラマになろうと思っていなかったそうです。
こういうアプリがあったら面白いんじゃないかなと、ある日思い立って
自分で本で調べながらガシガシ作ったそうな。

途中、わからなくて投げたりもしたけど、ある日「あれ?簡単じゃん?」みたいな
「開眼しちゃったかも」体験を何度か
繰り返して、気がついたらプログラムが書けるようになってた。

で、その人は英語もペラペラ(AppleDeveloperの窓口と英語で喧嘩出来るレベル)なんです。
どうやって勉強したかを聞くと、これまた似たような回答が返ってきた。

「別に勉強しようとおもって勉強したわけじゃないんだよね。
中2の頃から洋楽を聴いてたんだ。そしたら英語の歌詞を分かりたいと思うじゃん?
で、やってたら楽しくなったんだよね〜。」

楽しんでやってる人と勝負して勝てるはずがない・・・。

ただ、これを読んでくれている人のために少しでも参考になることを書きます。
「プログラムの勉強それ自体を目的にしてはいけない」ということです。

今まで仕事をしてきたなかで、自分がこういうのがあればいいなと思った
webサービスなりアプリなりを、本で調べながら作ってみる。

どっかの教科書を写経するだけではダメよ。
結果として世の中にあるサービスと似てるのは良いけどね。

自分で作ったものができたら、自分の業界にそのシステムを持って就職活動をする。
正直、ソフトウェア業界だと未経験で40代だと年齢を理由に断られる可能性が高い。

けど、自分のホームグラウンドなら、既存の知識とソフトウェア開発のスキルで
なんとかなるんではないかと思います。

ぐっどらっく。

 

追記

似たようなことを書いてる記事を見つけました。
43歳未経験からプログラマになるルートを検討してみた

「探せばどこかにルートはある」
まさにそのとおり。「待て、しかして希望せよ!」ですぞ。

さらに追記
30代未経験では自社で書けるようになった実績があります。
35歳で業界未経験の人が来た。
いろいろありつつ、荒削りだけど動くモノは書けるようになった。
その人は残念ながら1年で退職し、どこか他の会社に就職したと風のうわさで聞きました。
あ、あと、その人は1回で基本情報も取ったので地頭は良かったと思う。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です